未分類

椎名林檎「無罪モラトリアム」ディスクレビュー

1999年にリリースされた「無罪モラトリアム」。幸福論で鮮烈デビューを果たした椎名林檎の1stアルバムです。最高傑作との呼び声高く、愛されてきた作品でもあります。

“これが才能か…”
このアルバムを始めて聞いた10代の頃、そんな感想を持った。

まず1曲目「正しい町」は、林檎自身の恋愛を綴った曲。アルバム全体を通して言えることですが、シンプルなバンドサウンドとストリングスが心地よいということです。切ない歌詞と林檎独特の歌声が見事にマッチしていますね。

2曲目は「歌舞伎町の女王」。僕がこの曲を始めて聞いたのは中学生の時。当時抱いていた歌舞伎町のイメージと相まって、危ない世界を覗いてしまったとドキドキしたことを覚えています。

3曲目「丸の内サディスティック」は、のちの『東京事変』でも演奏された椎名林檎の代表曲です。もはや、ここで紹介する必要がないほど有名ですよね。僕が一言で表すならば“お洒落な曲”。

4曲目は「幸福論(悦楽編)」。デビュー曲「幸福論」のアレンジバージョンなのですが、個人的にはこちらの方が好きです。拡声器を使った歌声と激しいサウンドが林檎らしい一曲だなと感じます。

5曲目「茜指す帰路 照らされど…」は「幸福論(悦楽編)」と共にサントリーのCM曲にもなりました。前曲と一転して穏やかな歌声とサウンドが心地いいです。

6曲目「シドと白昼夢」は、『東京事変』でも見られるストリングスとボーカルメインの曲。

7曲目は「積み木遊び」。ロックサウンドにシンセサイザーで再現した琴の音色を乗せた“和風ロック”。サビあたりのかわいい歌声にギャップ萌えすること間違いなしですね。

8曲目「ここでキスして」は、様々なアーティストにカバーされている代表曲の1つ。<あなたしか見て無いのよ/今すぐに此処でキスして>とストレートな歌詞に心動かされます。

9曲目は「同じ夜」。バイオリンとアコギで構成されたシンプルな曲。語り掛けるような歌声が聞きやすいです。

10曲目「警告」はアルバム中、僕が一番聞きこんだ曲ですね。まずリフのカッコよさに耳を奪われました。歌い終わりの吐息感もたまらなく好きなおすすめの一曲ですね。

ラスト11曲目「モルヒネ」は、タイトルに反して爽やかな曲調が意外な名曲。アルバムを締めくくるのに相応しい一曲です。

このアルバムを聞いて驚くのは、ほとんどが10代で作った曲だという事実。今でこそ若い女性シンガーソングライターはたくさんいるけれど、椎名林檎を超える逸材は存在するのでしょうか。異論があれば、是非聞いてみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です